レーザテクノロジーで貢献する 株式会社 片岡製作所 KATAOKA KYOTO JAPAN

Innovation through Laser Technology KATAOKA KYOTO JAPAN

環境憲章

環境理念
株式会社片岡製作所は「地球との共生」「人と環境に優しい社会」を目指し、
企業活動のあらゆる側面において、環境保全に配慮して行動します。
活動指針
株式会社片岡製作所は環境保全活動を進めるために、資源の有効活用を最優先とした下記の全部署共通の活動指針を
揚げます。又企業活動のあらゆる側面において環境負荷の低減に向けた取組みを進めます。
製品 環境に配慮した製品提供
  • 設計段階から、製品の省資源・省エネルギー・性能向上を図る。
生産活動 公害防止
  • 関連する法律、規則等を厳守する。
  • 排水、臭気、電波障害等自主管理の導入と運営。
  • 社内全ての環境改善の実施。
森林資源の保護
  • 古紙回収率の向上。
  • 再生紙活用率の向上。
地球温暖化防止(省エネ)
  • 各部署の運営におけるエネルギーの削減。
廃棄物の減量化
  • 廃棄物の限りなき削減・リサイクル化。
有害化学物質の排出抑制
  • 有害化学物質(管理物質)の使用削減
社員教育・啓発
  • 環境理念、並びに環境方針の導入の意義。
  • 環境マネジメントシステムの要求事項に適合する事の重要性の認識。
社会 社会貢献活動
  • 行政機関等への協力。
  • 会社周辺、近隣地域の環境改善活動への参画。
監査 監査
  • 監査システムの運用。
  • 外部(第三者)監査の実施

環境方針

基本方針
株式会社片岡製作所は「人類共通の願いである地球との共生、環境保護」の実現を目指して行動する。
私達は企業活動のあらゆる側面において環境保全に最大の配慮を行うと共に、
地域社会との繋がりを大切にして企業活動を推進する。
行動指針
株式会社片岡製作所の環境憲章に基づく環境マネジメントシステムとその環境パフォーマンスを評価し、
更なる環境改善と環境汚染の予防を図り、継続的改善に努める。
この方針を達成するため、環境目的・目標を設定し具体的な行動を展開する。

1. 商品の環境負荷軽減に取り組む。
2. 電力エネルギーの削減に取り組む。
3. 廃棄物の排出削減と分別管理を徹底し、資源の有効活用を図るため、リサイクル化に努める。
4. 環境に関する法規制、その他の要求事項を遵守すると共に、その管理の向上に努める。
5. 環境教育による環境改善の啓蒙と社内広報活動を通じ、環境保全に対する更なる意識の向上を図る。
6. 内部環境監査を実施し、環境パフォーマンス評価に基づき継続的改善に努める。
7. 社内の緑化維持に努め、且つ、近隣地域における環境改善活動への参画を通じ社会貢献に努める。
-この環境方針は社内外に公表する-

2006 年 7 月 1 日
株式会社片岡製作所
代表取締役社長
片岡宏二

片岡製作所ならできる、その答えは「  」にある
  • Company 「会社」
  • Technology 「技術」
  • Product 「製品」
  • Staff 「社員」