HOME>沿革

沿革 History

1968年(昭和43年)11月
株式会社片岡製作所 設立
1971年(昭和46年)08月
教育用ディジタルトレーナーD101開発、大阪大学基礎工学部へ納入

10月

刺激反応装置を開発、京都大学医学部へ納入
1972年(昭和47年)05月
機器組込型直流安定化電源のシリーズ化
1973年(昭和48年)03月
高圧直流安定化電源を開発、受注開始

1976年(昭和51年)08月
直流安定化電源R型56機種、RE型28機種のシリーズ化
1978年(昭和53年)10月
マイコンシステムを開発
1981年(昭和56年)10月
産業用ロボットを開発
1983年(昭和58年)03月
液晶ガラス基盤搬送装置の受注開始
1984年(昭和59年)10月
光多重通信装置を開発

1985年(昭和60年)09月
FAS(Flexible Assembling System)を開発

10月

東京支店開設

12月

資本金を3,000万円に増資
1986年(昭和61年)10月
YAG レーザ加工機でラザック社(スイス)と提携
1987年(昭和62年)10月
YAG レーザ加工機を開発

1990年(平成02年)02月
ニッケル水素電池充放電検査装置の受注開始
1993年(平成05年)10月
リチウムイオン二次電池充放電検査装置の受注開始
1997年(平成09年)06月
久世工場完成

1998年(平成10年)01月
資本金を1億1,200万円に増資

11月

ISO9001 取得
2001年(平成13年)02月
先端レーザ研究所開設

05月

ISO14001 取得

11月

ハイブリッドLDYAG レーザKLY-HP300α開発
2002年(平成14年)04月
LDYAG レーザKLY-Q200α開発

12月

資本金を4億8,570万円に増資
2003年(平成15年)03月
LDYAG グリーンレーザKLY-QG30α開発
2004年(平成16年)01月
LDYAG UVレーザKLY-QV10α開発

08月

LDYAG グリーンレーザKLY-QG10α・LDYAG UVレーザKLY-QV5α開発

10月

LDYAG グリーンレーザKLY-QG70α開発
2005年(平成17年)06月
微細レーザ加工機KLM-QV10α開発

09月

ハイブリッドLDYAG レーザKLY-HP600β開発
2006年(平成18年)11月
ハイブリッドLDYAG レーザKLY-HP450α開発
2007年(平成19年)08月
YVO4 グリーンレーザKLY-QGS5α開発

2008年(平成20年)04月
久世第二工場完成

08月

LDYAG レーザKLY-SQ350α開発

10月

レーザ工場完成

11月

台湾サポートセンター(TSC)開設
2009年(平成21年)07月
久世第三工場完成

08月

上海片崗貿易有限公司設立

09月

レーザ工場増床
 
ピコ秒レーザ発振器開発
2010年(平成22年)01月
久世第四工場完成

04月

KATAOKA Europe S.r.l.設立
2011年(平成23年)01月
台湾片岡股份有限公司設立(台湾サポートセンターを現地法人へ)

03月

株式会社韓国片岡設立
2015年(平成27年)04月
KATAOKA-SS AMERICA CORP.設立

会社概要

社是・経営基本方針

環境方針

沿 革

事業フィールド

事業所一覧