次の時代を担う若い力が必要です

当社では、「誠実な心を持って信頼される製品を生産し、社会に貢献すると共に、社業の恒久的発展をはかり、会社および株主・全従業員の繁栄を追求する」という社是を掲げています。

私が経営を行ううえでの全ての価値判断は、この「誠実」の一言に集約されています。嘘をつかない、約束を守る、相手の立場・目線で考える……こうした「誠実であること」を全ての基本とし、「この会社で働いてよかった」と思える人生を過ごしてもらいたいと、社員にはいつも伝えています。「グローバルニッチトップを目指す」という経営ビジョンも、社員が働いていて誇りを持てる会社にしたいという気持ちからなのです。

2018年11月に、当社は創業50周年という節目を迎えました。「会社とは社会の公器である」という考えのもと、今後も優秀な人たちが育ち、活躍できる環境を作り続けていく覚悟です。これまでの50年は我々が主導してきましたが、次の50年はぜひ、社員みんなの力で会社を成長させていってほしいと考えています。そのためには、目標に向かって前向きに、なおかつ謙虚に努力できる若い人が最も重要です。

当社が強みを持つレーザ加工装置や二次電池検査装置といった領域は、今後も間違いなく成長が見込める、明らかな成長分野です。これからも、片岡製作所の技術は世界中で必要とされるでしょう。このような環境で若い時から働けることは、間違いなく貴重な経験となるはずです。

グローバルに戦える「製品」を武器に、「人財」の力で今後もグローバルにチャンスを広げていきます。ぜひ、皆さんの力で片岡製作所の新しい時代を切り拓いてください。

代表取締役社長 片岡宏二
pagetop